中学入試算数の指導にはどんな注意点があるのか

中学入試算数における指導には、他の科目や学年とは異なる、2つの注意点があります。

1つ目の注意点は、「方程式は使えない」ということです。

中学受験の講師になり、算数を教えようという人は、中学校と高校で数学を学んだ人がほとんどだと思います。

中学校以降の数学では方程式を多用するため、

問題を見ると方程式を用いた解法がすぐに頭に思い浮かぶと思います。

しかし、中学入試は数学ではなく「算数」なので方程式を用いない解法を教える必要があります。

もう1つの注意点は、「学習指導要領を超えたレベルの問題がでる」ということです。

小学生が解く問題とは言え、中学入試では非常に高度な問題がでます。

前述したように解法の制限もあるため、大人でも解けないような問題が出題されることも多々あります。

では、これらの注意点に対応するにはどうすればよいのでしょうか。

それは「様々な学校の過去問と中学入試向けの参考書を自分で解く」ことです。

中学以降の数学とは全く異なる解き方に、自らその解き方で問題を解いて慣れていくのが一番の近道です。

私もこの方法で方程式が使えない違和感を解消しました。

特に、比の問題や図形問題は

中学以降の内容を使わない解法がすぐ頭に思い浮かぶようにしておいた方がよいでしょう。